目線を変えて旅を楽しもう!e-BIKE&シーカヤック「丹後半島」を巡る1泊2日


今回ご紹介するのは、京都北部「丹後半島」を満喫する1泊2日の旅。1日目は京丹後市久美浜町と伊根町を、スポーツ用電動アシスト自転車「e-BIKE」で巡るサイクリングツアー。2日目はシーカヤックに乗って、“伊根版・青の洞窟”と呼ばれる「巌門」の神秘的な空間に魅せられました。

快適!e-BIKEで目指す久美浜の絶景

旅のはじまりは、道の駅「久美浜 SANSAIKAN」。地元で獲れる四季折々の新鮮素材が揃うスポットです。今回のサイクリングツアーのガイドさんと合流し、相棒となる「e-BIKE」をレンタルします。

ロードバイクのフレームやパーツを使った、スポーツモデルの電動アシスト自転車なので容姿もカッコいい!乗車方法の説明を受けて、軽やかにサイクリングツアーがはじまりました。

最初に目指したのは、「かぶと山公園キャンプ場」の敷地内にある展望台。敷地内にある久美浜随一の絶景ポイントとして有名です。その道すがら、

かぶと山の標高は約191m。アップダウンが激しい場所もありましたが、「e-BIKE」なら坂道も楽々。当日の天気はあいにくの雨模様でしたが、展望台からは久美浜湾や日本海を一望できました。

次に向かったのは、丹後ジャージー牧場「ミルク工房そら」。豊かな自然で育まれた牛乳は格別で、チーズやジェラートアイスといった加工品も豊富。今回は、新鮮なジャージー牛乳と旬の果物を使ったフルーツスムージーをいただきました。

久美浜町ではフルーツを巡る旅「京丹後フルーツトレイル」が人気。京丹後産フルーツを贅沢に使ったドリンクやスイーツを提供するスポットが点在しており、「ミルク工房そら」もそのひとつです。是非、公式サイトもチェックしてみてください。

伊根町で出会った農家のこだわり

久美浜町を後にして、伊根町まで車で移動。農ある暮らしを身近に感じる「農家ライドツアー」に参加しました。地元の農家さんを訪問し、豊かな農村風景を楽しみながら、作物や栽培のこだわりを教えてもらいます。

1人目に訪問したのは「かわうそ農園」さん。東京から伊根町にIターンし、無農薬の野菜やお米を栽培されている方です。また、2人目は「農園ねずみのすもう」さん。京野菜を有名レストランに直接卸している方です。また、「伊根ビーツ」を使ったドレッシングなどの加工品にもこだわっていました。

夕食に訪れたのは、古民家を改装したレストラン「イネノソラGOHAN」。今回、訪問した農家さんをはじめ、地元の作物が料理にたっぷり使われており、長閑な農村風景を眺めながら食事を楽しめます。

実際に育てられていた畑を見たり、栽培方法のこだわりを直接聞いたり。そのあとにいただく料理の味わいは格別で、自然と感謝の気持ちが溢れてくるようでした。

伊根版・青の洞窟が魅せる神秘的な景色

伊根町の農村風景をあとにして、“日本のヴェネツィア”とも称される伊根湾に移動。1階は船のガレージ、2階は居住スペースになっている「舟屋」が立ち並ぶ有名スポットです。

今回の宿泊施設は、舟屋を改装した1棟貸しのお宿。窓の外には伊根湾の絶景が広がり、すぐそばに打ち寄せる波の音に包まれながらゆっくりと過ごせます。旅の道中で仕入れた「木下酒造」の日本酒や郷土料理の「へしこ」などを囲んで、伊根のお酒と肴で1日目の旅の余韻に浸りました。

昨日の天気から一変、2日目は青空が広がりました。伊根湾をあとにして、本庄浜海水浴場に移動。深みのある鮮やかな青色・丹後ブルーが広がる海で、シーカヤックに挑戦します。目指すは“伊根版・青の洞窟”と呼ばれる「巌門」です。

インストラクターの案内のもと、ワイルドな岩場や奇石を眺めながらパドリング。海の上から見る丹後半島や伊根の町並みは新鮮で、また違った絶景を楽しめました。

日本海に面した伊根町の海岸線は、荒波で侵食された洞窟や岩礁が至るところにあるのだそう。そのなかでも、イタリア・カプリ島の「青の洞窟」を彷彿とさせる「巌門」は人気のスポット。岩の合間から光が差し込み、神秘的な空間が広がっていました。

目線を変えて、地域に深く入りこめた旅

京都北部「丹後半島」を巡った1泊2日の旅。久美浜町の展望台からの絶景にはじまり、伊根町の田園風景、伊根湾から臨む丹後ブルー、洞窟での神秘的な体験。丹後半島の見所や大自然を贅沢に満喫できました。

いずれも車を使えば、短時間で巡れるスポット。でも、あえて「e-BIKE」に乗ることで、立ち寄れる場所がぐっと増えましたし、「シーカヤック」にも挑戦することで、海の上からの視線で伊根町の美しさを堪能できました。

これまでとは見方や目線を変えて。

地域のおもしろさを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

海の京都 丹後半島e-BIKE https://uminokyoto.jp/feature/detail.php?spid=31

海の京都 京丹後フルーツトレイル https://www.uminokyoto.jp/column/post/5/