未来へつなぐ委員会

未来へつなぐ委員会活動方針

委員長 深田 徹

 

福知山青年会議所は創立55周年を迎えます。私たちの先輩諸兄姉は、福知山の未来に大きな影響を与える組織として、まちの課題と向き合い、福知山を発展させるために運動を続けてこられました。現在、まちの課題として、まちに活気と元気を与える大規模な事業が減少しています。私たちは先輩諸兄姉から受け継いだ想いのもと、この課題に挑戦し乗り越えるなかで、まちのより輝く未来を築く運動を次代へ継承する必要があります。

まずは、私たちの運動にご理解とご協力をいただくために、新年「まち・ひと創造」交流会を実施し、本年度の運動に対する気概を行政、関係諸団体、多くの同志に伝えることで、私たちの運動に共感していただきます。そして、活気ある(一社)福知山青年会議所にするために、私たちの運動を市民の皆様に共感していただく例会を開催し、会員の増強を図り、福知山の未来に大きな影響を与える組織であり続けます。さらに、能動者である私たちの想いと歴史を、次代を担う子どもたちに継承するために、まちに活気と元気を与える55周年事業を実施することで、子どもたちに夢や希望を与え、まちをよくしたいという心と、まちを誇りに想う心を育む機会とします。また、(一社)福知山青年会議所がまちの課題と向き合い、福知山を発展させる組織として、私たちがまちの課題に挑戦し達成感を共有することで、あらためて福知山青年会議所会員であることに誇りを持ち、魅力溢れる運動の機運を醸成します。そして、私たちが活気、元気、勇気を未来へつなぐために、歴史を振り返る例会を実施することで、先輩諸兄姉が積み重ねて来られた想いと歴史を継承します。

私たちは「明るい豊かな社会の実現」を理念に掲げる組織として、“求めるひと”ではなく“与えるひと”でなくてはなりません。本年度、私たちは想いと歴史を継承し、55年目の節目に新たな歴史を刻みます。そして、その想いをより輝く未来につなげます。

 

副委員長 芦田 義文

幹事 西山 弘訓

委員 大田 訓弘

委員 加藤 陽介

委員 山下 加奈恵