MENU

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。旧年中は、一般社団法人福知山青年会議所に対しまして、格別のご理解とご協力を賜りましたことを厚く御礼申し上げます。

本年度は、「しなやかに挑め~社会的価値を創出しよう~」をスローガンに掲げ、社会経済情勢が大きく変化する中で、“福知山の未来に必要なことはなにか”、“私たちはどうあるべきか”を大局的な視点にたち、常に自らに問いながら運動を展開してまいります。自らの成長が企業の成長、地域経済の成長へとつながることを意識し、誰一人として取り残さず、持続可能な社会を実現するための社会課題を解決できる、政策立案実行団体としての存在価値を示してまいります。

福知山の皆さまならびに関係諸団体の皆さまにおかれましては、これまで同様変わらぬご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

第56代 理事長 宇田川鎮生

2020年度 活動方針

人材開発

【SDGsに則した地域に必要な人材開発と環境構築】

次世代を担う人材の育成は、ヒューマンスキルの向上と軽やかに挑戦できる環境づくりが必要不可欠です。SDGsを基盤に多様な視点から福知山の社会課題を整理し、ビジネスの側面を含めて継続性がある課題解決主体をつくりあげます。

社会開発

【広域的視点をもつ社会開発】

現在、京都北部では様々な観光コンテンツが存在します。しかしその多くは点在し、本当の魅力が発揮されていないのが現状です。そこで観光圏という広域的な視点で福知山をとらえ、京都北部方面の豊かな自然や食、個性的なコミュニティといった観光資源に福知山を起点としてアクセスできる、特長的で多様性のある観光プラットフォームを創出します。

組織改革

【時代に合わせた組織基盤の再構築】

社会で活躍できる人材を育成する組織でありつづけるための、柔軟かつ発展的な組織改革を実践します。政策立案実行団体としての実践とメンバーが有機的に機能するホラクラシー志向をもつ組織へと改革をすすめます。

カレンダー

最新情報